宅地建物取引士は絶対に士業ではない! by榊淳司

スポンサードリンク

宅地建物取引士は絶対に士業ではない! by榊淳司
関連サイト
https://www.sakakiatsushi.com/

昔はタッケンといえば
宅地建物取引主任者。
不動産屋さんの運転免許みたいなもの。
何年か前に呼び方が変わって
宅地建物取引士。
中身はなーんも変わりません。

宅建業法と言えばやはり何年か前に
ホームインスペクション条項ができました。
何のためにあるのかよーわからん条項。
多分、ほとんど機能していないはず。

ある業界団体で講演した後の宴席で
そのホームインスペクション条項の話になり、
「あれはどういう意味があるのですか」と
業界幹部に尋ねたら、
苦味切った顔で「迷惑な話なんです」と。

そして「宅地建物取引士」に
したのは我々です、と胸を張られた。
「ああ、そうなのですか・・・」

全50問の4択式で34問前後が合格ライン。
だいたい7人に1人が受かるようにできている。
つまりは、だれでも受かる試験。
それが弁護士や税理士と同じ「士」とは・・・
世の中、どうでもええことに
必死になるオッサンが多すぎ。

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)